上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
nrtmrere.jpg

・ニラ玉
・雑穀ごはん+梅干し
・インスタントの味噌汁

今日の関東地方、あったかいですね~。春ですね、春来ましたね。
るんるんでパーカーとぺらぺらのジャケット着て出社したら「薄着だな」と驚かれました。
寒さが苦手すぎる反動で、あたたかくなるとへんに強気になります。

そんで朝、カーテンから差し込むやわらかな光に包まれて、幸せ気分で二度寝しました。

わあ急がなきゃ。
冷蔵庫を開けると少しくたびれたニラ、賞味期限ややオーバー気味の卵。
これはもうニラ玉しかない。

強火でしっかり熱したフライパンに油をひき、溶き卵2個分を流し入れます。
ささっと菜箸で混ぜたら半熟のうちにニラを一束投入。
包丁とまな板を使う時間はないので、束ごと両手でつかんで、布をしぼるときのようにして5cm幅にぶちぶちとひねりながらちぎり入れます。(手で切ったほうが香りが出るらしい。)
軽く炒めたら醤油をまわしかけて出来上がりです。

ニラ玉=スピード料理のイメージは愛読マンガ『クッキングパパ』から。

パパが職人気質の頑固なご老人、田島さんの家でニラを見つけて、それを使ってすごいスピードでニラとじ丼を作るという回がありました。

unnamed.jpg
『クッキングパパ』16巻より(C)うえやまとち(講談社 モーニングKC)

とろとろの卵とニラだけで出来た丼を「ガッポガッポ入るバイッ!」と田島さんがおいしそうにかっこむシーンを、小学生だったわたしはよだれを垂らしながら読んでいました。
それまで料理をしない主義だった田島さんがこの回で料理に目覚めて、老人会で本格的な料理を披露していくことになるんですよね。なつかし。

パパのレシピはニラを先に酒と炒めてから卵を溶き入れて醤油、という感じでした。
卵はとろとろの半熟に、とのことでしたがお弁当なのでしっかりめに火を通しました。
ちょっと元とは違いますが、思い出のメニューはテンションが上がりますね。手抜きだけど。

あと前から何度も書いてますが、
ニラの保存は冷凍が超おすすめです。

冷凍しておくとへたらないし、解凍いらず、いつでも使いたい分だけ使えます。
ニラの冷凍についての記事はこちら

【今日の反省】
・二度寝した


クッキングパパ(16)クッキングパパ(16)
(2013/05/24)
うえやまとち

商品詳細を見る


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
福岡行きたい
スポンサーサイト
03/18|お弁当コメント(55)トラックバック(0)TOP↑


こんにちは。

祝日、実家に帰って少し遅めの誕生日祝いをしてもらいました。(母が用意してくれた「獺祭」で乾杯して、お刺身やお鍋を食べました。おいしかった!)

で、そのまま泊まって朝起きたらごはんが炊かれ、4.5種類ののおかずが皿に並べられ、つめれば即お弁当完成な状態に。ありがたやありがたや。
※朝の早い母はとっくに出勤していました

つめるのが下手くそでせっかくのおかずをおいしそうに見せられないのが悲しいですが、メニューはこんな感じ。

・菜の花のおひたし
・豚ヒレ肉のマスタード炒め(多分)と椎茸、皮付きじゃがいものロースト
・卵焼き
・きんぴらごぼう
・雑穀ごはん

シュウマイもあったけどスペースがなくて入らなかった…

とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。
どうやったらじゃがいもあんなおいしくなるんだろ。今度聞いてみよう。

母は料理が好きで、朝早くからケーキやクッキーを焼いてるなんてことが昔からよくありました。
ハマるとしばらく作り続けるタイプで、シフォンケーキにはまった時は一日2台やいてから出勤なんて日もありました。きなこ棒にハマった時は延々と大量のきなこ棒を食べた思い出も…
そのうえ朝ごはんやお弁当までいつも用意してくれて、しかも全部おいしいしくて、本当にすごいなと思います。

手際の良さと料理の腕は残念ながらまったく遺伝しなかったようなので、後天的に習得できるよう見習わなければと思います。思っては、います。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
ネ、ネタ切れで人様のお弁当を載せたわけでは決して
02/12|お弁当コメント(56)トラックバック(0)TOP↑


こんにちは。遅ればせながら今年一発目の更新です。
新年のご挨拶のタイミングを逸してどうしようかと思っていましたが、節分という第二の節目に便乗して、ここぞとばかりに更新します。

この時期は恵方巻きをはじめとしたさまざまな巻き寿司のレシピがたくさんインターネットに出回るので、その中でも比較的簡単そうだった「五色巻きずし」のレシピを真似して作ってみました。

レシピだと野沢菜漬け、梅酢しょうが、鮭フレーク、炒り卵、梅肉でしたが、冷蔵庫にないものが多かったので野沢菜を大根葉の胡麻和え、梅酢しょうがを人参、鮭フレークを鯖の水煮缶をほぐしたものに変えました。



あとは巻きすで巻けば、五種類の具がカラフルなドットのようにきれいに散りばめられた仕上がりになるはず…

あれ

0203.jpg

あれれ…?

ただの「具がとっちらかっちゃってる寿司」になり下がりました。
(この記事の一番上のはかろうじてマシだったやつ)

巻きすがなくてランチョンマットで代用したのが原因でしょうか…
いえきっとそんなことではなく、気合が足りなかったんだと思います。
愛読ブログちぇびのごはんにも、巻きずしは「エイヤーっの掛け声で一気に巻く」と、書いてあったんでした。

「簡単そう」とかいってすみませんでした。自分の実力を見誤ってました。
こうなるんなら普通に真ん中に具をあつめればよかったよ。

【今日の反省】
・大根葉は細かく刻まないほうが巻きやすかった
・巻きす代わりのランチョンマットを使いこなせなかった

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
節目といえば、一昨日誕生日をむかえました。いよいよニッパチです。ひええ
02/03|お弁当コメント(86)トラックバック(0)TOP↑
amari.jpg

・丸ごとトマトとナスのカレー
・里芋の煮っころがし
・フーチャンプルー
・雑穀ごはん

あまりものだけで構成されているため、カレーと煮っころがしという妙な組み合わせになっています。バランスは変ですが、あらかじめ作ってあると詰めるだけなのでとても楽です。
考えてみれば最近はお弁当用に料理をするということがまずないので、あまりものを詰めるだけのお弁当しか作っていませんでした。

トマトとナスのカレーは以前ご紹介した、包丁と水を一切使わないおどろきのカレー。
里芋のにっころがしはクックパッドのこちらのレシピを参考にしました。

【今日の反省】
・あまりものばっかり

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
ルーは別の容器で持参して、食べる時にごはんにかけました
12/11|お弁当コメント(48)トラックバック(0)TOP↑
fuchang.jpg

・フーチャンプルー
・きのこの当座煮
・マッシュポテト
・ごはん

石垣島のお土産にお麩をもらったのでフーチャンプルーを作りました。

沖縄料理と泡盛をこよなく愛している身としては、もちろんゴーヤチャンプルーもソーミンチャンプルーも大好きなのですが、個人的ナンバー1はダントツでフーチャンプルーです。

卵、お肉、野菜のうまみを吸ったお麩のふわっ、じゅわっとした食感が最高で、沖縄料理屋さんに行くと必ずと言っていいほどオーダーします。

【作り方】
お麩を少量の水で戻して軽く水気をしぼったら、ちぎれないように短冊切りにして卵液に少し塩を入れたものををつけておきます。フレンチトーストみたいですね。
油を熱したフライパンで卵液ごとお麩をさっと炒めたら一度取り出します。ふんわり感を残したいので火を通すのはほぼ一瞬です。卵にを入れる前に油をよくよく熱してからささっと炒めるのがポイント。
同じ時フライパンで人参、もやし、玉ねぎなどの野菜を炒めてツナ缶を投入、塩こしょうで味付け。そこにニラとさきほど取り出したお麩を戻して全体をさっと炒めたら完成です。

(補足)
肉がなかったので、ツナ缶を使いました。
ツナ缶はよく肉の代わりに炒めものやシチューなどにいれています。
保存も効くし解凍や切る手間なんかもなくて楽ちんだし、いい感じに旨みが足されるので重宝します。

おいしいです。
沖縄行きたい…

いつもお麩や油揚げをお土産にくれるあきちゃんありがとう。

【今日の反省】
・お麩を漬ける卵液に入れた塩がやや多かった。炒めものでしっかり目に味をつけるので、麸自体にはごく控えめで良さそう。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
妹はお麸が好きすぎて「麸女子」を自称しています
12/10|お弁当コメント(302)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ユキコフスキー

Author:ユキコフスキー
'86年生まれの飲んだくれ。
食べ物に目がない割にスーパー不器用。実家を出たのをきっかけに「脱・食べる専門」をめざして料理をはじめ、数々の失敗を繰り返しています。

手ぬきで見ばえの良くないご飯ばかりですが、何かアドバイスをいただければ嬉しいです。
@222ka_yukikov

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
愛読ブログ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。