上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
トップ

あけましておめでとうございます。

昨年の1月以来の更新ということで、大変ごぶさたしております。

今年は元旦に家族で福井を訪れました。

東尋坊で活気のある魚屋さん「やまに」に入ると、広い店内でとりわけ光を放っていたのはぎっしり並んだ大小さまざまのカニ、カニ、カニ。越前がにのコーナーでした。
わたしは夢にまで見たその光景に涙が出そうになりました。

20170103100136468.jpg

というのも、NHKの「うまいッ!」という、毎回1つの食材にスポットを当てて掘りまくる最高の番組で「越前がに」の特集を見たら居ても立ってもいられなくなってしまったからです。
もともとそんなに蟹にテンションが上がるほうではなかったのですが、あの放送を見てしまったらもう食べないわけにはいかない、そのくらいパンチ力のある回でした。

折しも家族で福井をはじめとした北陸年越しツアーに参加することが決まったばかりだったので、越前がにをどこかでゲットする機会がないか期待していたこともあり、本物を目の前にして興奮がすごいことに。

そんな様子を見た優しい母の厚意で立派な越前がにの足と、越前がにのメスである「せいこ蟹」をゲットすることができたのでした。わーい。

20170103100053524.jpg

ツアーを終え翌日東京に戻るとさっそく届いていた蟹たちをその日の晩に食べてみたら記録です。

そもそも越前がにとはなんなのか。
無知なわたしは「うまいッ!」で初めて知ったのですが、福井で水揚げされるズワイガニのことだそうです。11月に解禁されて、ランクの高いものは数十万の値が付くという驚きの高級品。

ただし「越前がに」はオスのことを指しており、メスは「せいこがに」と呼ばれます。オスより小ぶりで安価なため一般家庭でよく食べられるがとても美味しいと紹介されており、がぜん気になっていたというわけです。

2017010308232278b.jpg

まずは解体。

せいこがには、ぎっしり抱えている赤黒い卵(外子)、鮮やかな朱色の卵巣(内子)、かにみそ、足と胴体につまった身、それ以外の食べられない部分に分けられます。

201701030822446f4.jpg
あらかじめボイルされた蟹を解体した様子

お店の「やまに」さんがご丁寧に捌き方、食べ方まで書いたミニ冊子を入れてくれていたのでわりかしスムーズに出来ました。

その冊子によるとそのままか少し醤油をかけたり二倍酢で食べたり、外子も内子も身も全部まぜまぜにご飯にのせて食べる「せいこ丼」がおすすめとのこと。

外子は赤黒い見た目にパンチがありますが、クセが全然なくマイルドで、うっすら塩味を感じました。ぷつぷつとした食感が楽しいです。

きれいな朱色の内子はとにかく濃厚でえもいわれぬ深みのある味です。小さいのに存在感がすごい。

そこにかにみそと身の部分を混ぜることで最高のバランスになります。かに一匹だけで完結する宇宙……尊さがすごい。

それをごはんにのせたら美味しくないわけがないですね。せいこ丼、すごかった…。

そしてもう一つ、うまいッ!で紹介されて絶対絶対試してみたかったのが「がんみそ」という食べ方。

解体したせいこがにの中身をたっぷりの大根おろしと味噌少々で煮るというもの。
かにの旨味が大根おろしにしみわたり、さっぱりしていくらでも食べられるとのこと。こんなの食べたいに決まっています。

というわけでこちらです。

がんみそ

これもまたおいしい。一言でいうと「かにの味噌汁を更に濃厚にしたもの」という印象でした。大根おろしと味噌でかなり食べやすく、優しい味になりますが濃厚なためまったく物足りなさがない。
油断して飲むように食べていたらあとで苦しくなるほど満腹になりました(あほ)。

がんみそのレシピは「うまいッ!」のホームページに掲載されています。

せいこは小さいので足りるかな?と心配でしたが一人一杯で充分な満足感でした。そう考えるとお得ですね。

来年の冬、また家族みんなで食べられるといいな。

亀よりのろまな頻度ですが、また何か作ったら更新します。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
01/03|晩ごはんコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IMG_9170.jpg

「死ぬ前に何が食べたいか」という、多くの人が一度は考えたことのあるその問いに対して、私は長いこと「これ」という答えをはっきり出せずにいました。

幼い頃から、他の何をさしおいてでも食べることだけは忘れない生来の食いしん坊だった私は、大人になるにつれて食べられるもの、おいしいと思うものがどんどん増えていき、その結果あらゆる食べ物を愛しすぎて、とてもじゃないけど一つになんて絞れないという状況に陥っていました。

ただ、実家を出て少しずつ料理をするようになったときから、もしかしたらこのおかずが先の問いに対する答えの有力候補かもしれないな、となんとなく思うようになっていきました。

それがこれ、小松菜と揚げの炒め煮です。

正直なところ地味だし、ガツンとしたパンチのある味わいがあるわけでもないし、学生の頃はどちらかというとそこまでテンションの上がらないおかずの一つ、のはずだったのに、料理をはじめてから今日まで一番作ってきたのが不思議なことにこの小松菜と揚げの炒め煮だったのです。

材料が小松菜と揚げの二種類しかなく手軽なこと、だし、醤油、みりんからなる定番の甘辛な味付けで飽きがこないなどの理由ももちろんありますが、何よりも、祖母が夕飯時にしょっちゅうどんぶりいっぱいに作ってくれていた記憶と密接な関係があるということが、今になってはっきりわかります。

私が死ぬ前に食べたいのは、正確にいうと「おばあちゃんの小松菜と揚げの炒め煮」だったのです。

祖母は栗原はるみさんの名著『ごちそうさまが、ききたくて。』のレシピを元にしていました。
料理をはじめてすぐに母から同著をプレゼントしてもらったので、私も祖母に教わることなくこのおかずを作ることが出来ましたが、祖母は長年作るうちに自己流のアレンジを重ねており、なかなか同じ味にはなりません。みりん、砂糖を減らして、かなりすっきり味にしていたり、小松菜より先に揚げを炒めたりしていた気がします。
…気がしますが、もう彼女のレシピの正解を確かめることは出来なくなってしまいました。

我が家で一番おしゃべりで気が強く、しっかり者できれい好き、記憶力がべらぼうに良かった祖母は、つい一週間前、突然天国に旅立ってしまいました。

確かにだんだんと足腰が弱って、以前の勝ち気さも影をひそめるようになってきていましたが、八十七まで大病を患うこともなく、亡くなる直前までハキハキとして、自分のことより孫である私の将来の心配や、私の着ている服や靴への手厳しいダメ出しを欠かさない、いつもの祖母でした。つい10日前にも祖母が愛した伊勢丹で買い物をして、妹と並んで一緒にお蕎麦を食べたばかりだったので、本当に驚きました。

あまりに急なことでまだ整理がついていないけれど、ひとまず家族でのお見送りを終え、久しぶりに実家から一人ぐらしの家に帰った瞬間、特に考えず作り始めていたのはやはりこのおかずなのでした。

厚揚げの代わりに油揚げを使っているし、味付けもその時々の気分だし、私のつくるのは、元のレシピともおばあちゃんの味とも全然違っています。そういう意味でも「おばあちゃんの」小松菜と揚げの炒め煮を食べたいという願いはもう叶わなくなってしまいましたが、なんとなく自分流に姿を変えながらも作り続けていきたい大切なおかずです。


12/17|晩ごはんコメント(81)トラックバック(0)TOP↑
20140721020021c2f.jpg

・あおさ汁
・人参の塩麹漬け
・ちぎりピーマンわさび塩和え
・きのこと青菜のさっと煮
・雑穀ごはん

日付が変わる頃、おなかぺこぺこで帰宅して作った深夜用の定食。
こんな時間は何も食べないのが一番なのだろうけど、我慢もよくないということで。

20140721020247021.jpg

いつもナイスなお土産をくれる友人が今度は佐賀であおさを買ってきてくれました。
というわけであおさ汁に。めちゃめちゃおいしい。
乾燥タイプで、味噌汁にそのまま適当な量を入れるだけなのでとっても楽チンに出来ました。
深夜だから控えめにするはずがおかわりしまくってしまいました。

ビールをプシュッとやらなかっただけ偉いということにしよう。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
お久しぶりです
07/21|晩ごはんコメント(66)トラックバック(0)TOP↑
IMG_1004.jpg

こんにちは。

こないだ、新居に友人を呼んで宅飲みをしました。
そういう時に結構な頻度で作っているのが、料理研究家の奥薗壽子さんの「ゆで豚」です。

塩をまぶしておいた豚のかたまり肉をゆでるだけなのですが、おいしい上に、色々とすごい。
これでもかというほど工夫が凝らされているのです。
このゆで豚を愛しすぎているので、どうすごいのかを勝手に解説します。

1.加熱がたったの5分
細切りの昆布をしいた土鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら軽く水洗いして塩をおとした豚肉を入れます(水はひたひたくらい)。再沸騰したら蓋をして弱火で5分加熱すれば終了。
あとはバスタオルで土鍋と鍋敷きごとつつんで30分以上放置して、ゆっくり保温調理します。
テーブルに置いておけば、せまいキッチンでコンロを占領しないのでとても助かります。
低温でじっくり火を通すことでしっとりやわらかく、おいしく仕上がるという仕組み。
薬味たっぷりのタレがおいしいです。

2.同時にもう一品できる
豚肉を入れる時に一緒に野菜を入れるだけで、もう一品できます。
奥薗さんは人参や大根をゆでて味噌だれで食べる方法を紹介されていますが、私はいつも皮をむいたじゃがいもを切らずに2.3個いれて、つぶしてマッシュポテトにしています。
ほどよく塩味がついているので味付けなしでばっちりおいしくなります。
1の工程にほとんど作業をプラスせずに2品できるとは。驚きです。
IMG_1005.jpg

3.スープでさらにもう一品!
残ったスープには豚と昆布のだしが溶け出しているのでこちらも無駄にせず使います。
スープを熱して少しナンプラーを入れ味を整え、ゆでたそうめんを入れれば、シメの一品に。
奥薗さんはチリパウダーとレモン汁、パクチーも入れてエスニック風にしてたかな。
このスープがもう、めちゃめちゃうまいです。シメのにゅうめんが楽しみでゆで豚を作っているといっても過言ではありません。
食べ過ぎ飲み過ぎの胃にやさしいので、翌日の朝ごはんにしても。

IMG_1019.jpg

メインをこれにして、あとは生野菜やナムルなどの前菜と、くいしんぼがいる場合は(自分だよ)煮物や炒め物を作ればわりと豪華になります。
宅飲みが好きな方に超絶おすすめです。

ゆで豚の作り方が載っている本はこちら。
決定版 奥薗壽子の超ラクうまおかず (主婦の友新実用BOOKS)決定版 奥薗壽子の超ラクうまおかず (主婦の友新実用BOOKS)
(2004/06/01)
奥薗 壽子

商品詳細を見る



にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
奥薗さんはブログも必見
04/06|晩ごはんコメント(132)トラックバック(0)TOP↑
IMG_9382.jpg

・いかわたトマト炒め
・ポテトサラダ
・小松菜と厚揚げの煮浸し
・じゃこと万願寺とうがらしの炊いたん

ここのところ週1ペースで行っている阿佐ヶ谷の串焼き屋さんで、ある夜

「石川に"糠いわし"という、それは日本酒に合うつまみがある」

という話を一緒に飲んでいた友人に聞きました。

いわしを生のままぬか漬けにしているものだそうで、聞いた瞬間から興味津々でくいつきまくったところ、優しい友人は「石川土産にたくさん買ってきたから今度それで飲もう」と素敵な提案をしてくれました。

友人は糠いわしと日本酒を持ってくる。私は他のつまみを作る。
とても明快な役割分担をして店をあとにし、いよいよその日がやってきました。

かくして友人の持ってきてくれた糠いわしと、同じく石川の銘酒、天狗舞。

iws.jpgIMG_4415.jpg

生でうすく切って食べるのもいいし、糠をおとして表面を焼くのもいいとのことなので両方試してみました。
なるほど、保存食だけあってかなりしょっぱいです。でもおいしい。ちびちび食べたらあっというまにお酒がなくなってしまいそう。友人のおすすめの食べ方、お酢をかけてぬかをさらに落とすように食べるという方法だとよりさっぱりしておいしかったです。個人的にはグリルで軽く炙ってお酢をちょっとかけるのが一番好きでした。

その他に作ったお酒に合いそうなもの。

いかわたトマト炒め
IMG_9381.jpg

にんにくとオリーブオイルを熱したフライパンでいかとトマトを軽く炒めたら横にわたを置いて蒸し焼きにして、木べらでつぶしていっしょに炒めるだけという奥薗壽子さんのレシピを参考にしました。お酒に合わないわけがないやつです。

じゃこと万願寺とうがらしの炊いたん
IMG_9384.jpg

でっかい万願寺とうがらしがOisixから届いたので、まるのまま大好きな炊いたんに。
ヘタを切って切れ目をいれてじゃこと炒めてひたひたの水、酒、醤油、みりんで落としぶたをして汁気がなくなるまで十数分煮ました。あまから味がたまりません。山椒かけてピリっとさせてもおいしいです。

小松菜と厚揚げの煮浸し
IMG_4079.jpg

バカのひとつ覚えのようにつくってるので割愛。

鉄板おつまみのポテトサラダも奥薗壽子さんのレシピです。じゃがいもははじめに皮をむいて切ってゆでてしまうやり方で、この方法で作ったらやたら好評だったのでそれ以来これを採用してます。芋をつぶしすぎないのがポイントとのこと。お芋のホクホク感がいい感じに残ります。

天狗舞、とってもおいしくいただきました。まったり濃くて、甘いです。
そんで楽しくなって気付いたら焼酎も泡盛も飲んでたよね。

家飲みの魅力はなんといっても帰らなくていいという安心感。友人も歩いて帰れる距離に住んでいる。
近所に飲み友達がいるって、終電気にしなくていいって、本当にすばらしいですね。

【今日の反省】
・あまり酒の肴っぽいのが作れなかったのでもっと研究したい
・肝心の糠いわし、食べるのに夢中で写真撮るの忘れてた…

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
もっぱら焼酎派だったけど日本酒もいいですね
09/25|晩ごはんコメント(280)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ユキコフスキー

Author:ユキコフスキー
'86年生まれの飲んだくれ。
食べ物に目がない割にスーパー不器用。実家を出たのをきっかけに「脱・食べる専門」をめざして料理をはじめ、数々の失敗を繰り返しています。

手ぬきで見ばえの良くないご飯ばかりですが、何かアドバイスをいただければ嬉しいです。
@222ka_yukikov

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
愛読ブログ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。