上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
baum.jpg

個人的な話で恐縮ですが、
というかこのブログでは個人的な話しかしていませんが、
私はバウムクーヘンが大好きです。

何度かバウムクーヘンのことを書いたことはありますが、
今日はこれまでに食べたバウムクーヘンの中で
とりわけ変わり種でかつ感動的においしかったものをご紹介します。

ヴィヨンという、桜新町にあるお店の壺型バウムクーヘン「ヴィヨネット」です。
有名なのでご存知の方も多いかもしれません。

まずその見かけにとてもびっくりしました。
なんだこれはと。本当にバウムクーヘンなのかと。

そして次に驚くのはその重量感です。
「どっしり」とか「どっかり」いう言葉以外に形容詞が見当たりません。
なんたって写真のように置けますし。
(バウムクーヘンに「置く」という表現はなかなか使わない気がします。)

さて、気になる中味がどうなっているかというと、

baum_2.jpg

こうなっています。
中心部の深い赤色をした部分は木苺のゼリーです。

上品でしっとりとしたベースのバウム生地に、
ほどよい甘酸っぱさと舌触りの濃厚さが絶妙なゼリー。
両者を口に入れた瞬間、脳内でオーケストラが珠玉のシンフォニーを奏でました。
全くうまいこと表現できませんでした。
が、大げさではなく実際それくらいの感動がありました。

ここまでくるともはやバウムクーヘンではないのでは?
と思う向きもあるかもしれません。しかし切り口をよく見てください。
一層一層、きちんと年輪が織りなされているのが見てとれます。
これは紛れもなくバウムクーヘンです。

ベースがもしこれ以外のケーキ生地だとしたら、
ここまでのどっしりとした重量感でもって壺の形を保ち、
存在感たっぷりのゼリーをまさに「容器」としてたたえておくことは
到底出来ないのではないだろうか、そんなふうにすら思います。

素人ゆえ技術的なことはまったくわかりませんが、
そのくらいバウムクーヘンであることが必然のお菓子だと思わされる説得力が、
このヴィヨンのバウムクーヘンにはありました。

特別なときに食べたいバウムクーヘンの1つです。

【今日の反省】
・バウムのことになると話しすぎる

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
バームではなくバウムと言いたい派
スポンサーサイト
03/12|買い食い・外食コメント(136)トラックバック(0)TOP↑
salmonre.jpg

・大根とサーモンのサンド
・鶏カマ
・おにぎり(生姜そぼろ)
・スープ春雨

ちょっと前につくったお弁当。
お正月に実家にいったら成城石井のスモークサーモンを母からもらいました。
ええなにこれおいしい。
ということで、そのままでも十分おいしいのですが、
大根のスライスと交互にはさんで軽くオリーブオイルと岩塩をかけてみました。
サーモンの塩気と大根のさっぱり加減がマッチしてわりとおいしかったです。

でも時間がなくて容器に順番に並べただけなので
食べるときもふつうに大根、サーモン、大根って個々に食べたよね。
うん、書いておいてなんだけど、
これ、サンドじゃなくて「大根とサーモンを交互に並べたもの」だわ。

ということでサンド感を出したい方はようじで一個一個とめるなどしたほうがいいかもしれません。

そして特筆すべきは鶏カマ。
これは秋田の旅館で料理人をされている大学の先輩が送ってくださったものです。
この方は絶品の鶏ハムを送ってくれたこともあるのですが
今回は「鶏カマ」と書いてあったのでどうやって作ったのですか?ときいたところ

「鶏ハムと同じ味付けにした肉を卵とフードプロセッサーで攪拌するの。
それでボイルした野菜を巻き込んで成形して鶏ハムと同じ温度帯で真空調理するの。合理的でしょ。」

とのお答えが。
おお…プロっぽい…! という素人まるだしの感想しか出てきませんが
とってもおいしかったです!!
(自分で鶏ハムを作ったときの記録はこちら)

あと手抜きしすぎておかずが足りなかったのでコンビニで春雨スープ買いました。
汁物足すだけで満腹感が全然違うので節約とカロリー削減にもなります。
冬はだいたい毎日カップスープ飲んでました。

【今日の反省】
・大根とサーモンのサンドはようじでとめるべき
・緑の野菜をもうちょっといれたいところ

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

2013年のお弁当は見事に人樣からもらった食料しか使ってない

03/09|お弁当コメント(80)トラックバック(0)TOP↑
pastrere-01.jpg


これまでありとあらゆるひどいお弁当の失敗談をつづってきましたが、
その中でもとりわけふつつか度の高いものたちご紹介します。

画像左上から時計回りに、
・チヂミと鶏ハム弁当~お弁当三大悲劇~ しっちゃかめっちゃかです。
・お弁当悲劇ふたたび~塩豚と水菜の辛味噌和え弁当 派手に寄ってます。
・しめじとピーマンのじゃこ炒め弁当 卵焼きが生焼けです。
・ふつつかな、あまりにふつつかな 具がもやしと生キャベツです。

おまけ
・お弁当最大の悲劇 

我ながらよくこれを載せたなぁ。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
ベストオブふつつかってつまりワーストだよね

03/06|お弁当コメント(95)トラックバック(0)TOP↑
前デザイン(C)KingChang
head_8のコピー

ブログのデザインちょこっと変えました。

ここ数年はデザイナーKingChang氏による味のあるイラストだったのですが
「実家出たての不器用女(25)が作る、いたらない点の多いごはん。」と書いてあって、
実家出てだいぶ経つし、気づけば27歳だし、合ってることと言えば
「不器用女」のくだりだけ、という恐ろしい事実に気づいて変更しました。

いちばん目立つところで数年間堂々と嘘をつき続きけていてごめんなさい。


※何の趣向も凝らしていない自作のデザインですので
もしヘッダーデザインしてもいいよっていう素敵な方がいらっしゃったらご一報くださいませ。



03/06|世間ばなしコメント(242)トラックバック(0)TOP↑
0307_convert_20130307080118.jpg

先日、親友が牡蠣を送ってくれました。
なんでも牡蠣の養殖をやっているお知り合いがいるとかで。
岡山の邑久(おく)というところは牡蠣の名産地なんですね。

ぷりっぷりの立派な牡蠣がたっぷり。わーいわーい。
普段買うことのない食材なので、調理するのはうまれてはじめてです。
さあどうしよう。

ソテーしてもいいし、オイル漬けもおいしそうだし、フライもいいよね~
と夢はふくらむばかりですが、生姜が家にあったのでしぐれ煮を作りました。
結局おばあちゃん的和食に落ち着いてしまうという。

cookpad先生のこちらのレシピのまんま作りました。
味付けは生姜、醤油、みりん、酒、砂糖。
(家で使ってるきび砂糖は分量通りいれるとすごく甘くなるのでやや少なめにしました。)

牡蠣を少し煮たら取りだして、煮汁だけ煮詰めてまた煮るという方法。
せっかくの立派な牡蠣が煮込んですっかり縮んでしまってはなんだかもったいないなぁと思ったのですが、この作り方のおかげでふっくらぷりぷりなしぐれ煮ができました。

0307_2_conv.jpg

どうしよう。お酒に合いすぎてやばい。

あと恥ずかしながら調理前に牡蠣を塩水で洗うのというのも知らなかったのですが
けっこう大変なんですね。汚れがうかなくなるまで何度も水を変えました。
良い勉強になりました。

0307_3_convert_20130307080250.jpg

お弁当もつくったよ。牡蠣以外はほうれん草だけで埋め尽くされています。
昨今はこういうのも「ワイルドだろ~」ですまされるらしいと聞きました。良い風潮です。

恩恵シリーズも第三弾。
ここまでくると、人様から何かもらわないと料理をしないことがバレてしまいますね。

あきちゃんありがとう!!またください!

(余談)
ちなみにしぐれ煮はどうして「時雨煮」というかというと、食べたとき口の中を色々な風味が通り過ぎるさまが時雨のようだからとか、もともと時雨煮というのはハマグリで作るそれを指していて時雨の降る季節がハマグリの旬だからとか諸説あるようです、とwikipedia御大はおっしゃってます。
私はてっきり生姜の千切りが雨のように細いからなのかと思ってました。


【今日の反省】
・牡蠣について知らないことが多すぎた
・全部しぐれ煮にしたらすさまじい量になった。半分は別の料理に使えば良かったかもしれない。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
日持ちするのでちびちび食べました
03/05|つくりおきコメント(297)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ユキコフスキー

Author:ユキコフスキー
'86年生まれの飲んだくれ。
食べ物に目がない割にスーパー不器用。実家を出たのをきっかけに「脱・食べる専門」をめざして料理をはじめ、数々の失敗を繰り返しています。

手ぬきで見ばえの良くないご飯ばかりですが、何かアドバイスをいただければ嬉しいです。
@222ka_yukikov

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
愛読ブログ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。