上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
0430 のコピー

お鍋でごはんを炊こうシリーズその2。

今回は愛読ブログのツジメシ。で拝見してずっと作ってみたいと思っていた、
「鰯丸干しご飯」です。

焼いたイワシをごはんと炊いて、できあがったらワタごと混ぜ込んでしまうという、
聞いただけで飲みたくなってしまうような一品。

0430_2.jpg

洗ったお米、水、出汁昆布、千切り生姜、塩、醤油少々を入れたところにグリルで表面を焼いた鰯の丸干しを乗せて炊きます。
炊けたら頭と中骨をとって混ぜてネギをちらして出来上がりです。
(詳しいレシピを知りたい方はツジメシさんの元記事ご参照のこと)

ツジメシのTwitter公式アカウントで鰯以外の具はほぼ入れないシンプルバージョン
推奨されていたので生姜と青ネギだけで。

これ、簡単なのにめちゃめちゃおいしかったです。
一口食べて、自分のうちにある宮古島の古酒「神泉」で一杯やりたくなるところを
出勤前だったために必死でこらえたほどでした。

ツジムラさん、とんでもないものを考案してくれましたね…

素敵なレシピを教えてくださってありがとうございました。
それにしても鰯のワタってなんでこんなに美味しいんだろう。

【今日の反省】
・お水が多くて少しやわらかかった。
お米の吸水時間があまりとれなかったのと、
イワシの分も考えてやや多めにしてしまったからと思われるけど普通の分量でよさそう。
・イワシにしっかり味がついてるので味付けは控えめでもいけます。
塩もけっこう少なめでよさそう。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
日本酒もあいそうですね
スポンサーサイト
04/30|晩ごはんコメント(236)トラックバック(0)TOP↑
お鍋で

LE.jpg




お米を

写真-11 のコピー




こうして

写真-2






炊いてみた。


どーん

IMG_7933.jpg

ほかぁ

ひょんなことからル・クルーゼが家にあるのですが、
あまりちゃんと活用していないなあと付属の説明書を読んでいたら
お米の炊き方が載っていたので炊いてみました。

---------------------------------------------------------------------
■炊き方
お米(五分づき米:玄米 7:3くらい)を研いで、
お米と同量より少し多めのお水で20分くらい水につけたらコンロに火をつけて、
沸騰しますよという雰囲気を醸しだしてきたら弱火にして、15分強。
火からおろして蓋をしたまま15-20分ほど放置したら完成です。
---------------------------------------------------------------------

ルクルーゼさんはとにかくぶ厚くて音がよくわからないので、
沸騰をたしかめるときは空気で察するか、耳をすまして確かめましょう。
くれぐれもヤケドにご注意。

蓋があける瞬間はお米4合全部ムダにしてしまったらどうしようと
ものすごく緊張しましたが、なんとか焦げることもなく、
ちょうどいいあんばいで炊きあがりました。セーフ。

炊きたてごはんはとってもとっても美味しかったです。

ルクルーゼさんは驚異の熱伝導力とずっしりした蓋の重みによって、
食材のうま味や栄養を逃がさず、むらなく加熱できるというのを売りにしているそうです。
だからお米もおいしく簡単に炊けるんですね。

ただ、玄米を混ぜていたので白米を炊く時より少しだけ水多めの加熱長めにしたのですが
それでも玄米だけほんの少しかたかったです。
ただこれ以上加熱したら白米のほうが柔らかくなってしまうという危険が…難しい!
初心者がいきなりブレンドはハードル高かったですかね(ノД`)

以前もご紹介しましたが、お米は高知の「ぽっちり米」です。
いまどき数少ない、完全自然農法で作ったお米です。
余計な甘みのないシンプルなお米の味がこんなに美味しいなんてと、いつも驚かされています。

【今日の反省】
・玄米だけ少し固かった。次は吸水時間をもうすこし長めにしてみることにする。


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
自分ちの鍋を撮るのを忘れたので冒頭の写真はamazonさんからもらいました
04/11|休日の昼ごはんコメント(73)トラックバック(0)TOP↑
写真

おでんを出した日の翌日、残りをつめただけのお弁当。

鶏つくねはチンしてケチャップ+ちょい醤油で和えてミートボール風にしました。
奥薗壽子さんのに載っていたアレンジです。

そこに使ったケチャップというのが、またすごいやつでして。

写真-1

daylesfordというところのオーガニックケチャップで、いただきものなのですが、
なんというかこれまでケチャップには感じたことのないタイプの甘みで、
かなり濃い甘さではあるけれどフルーツのようにフレッシュというか…
うーん、一言でいうと、おいしいです。笑
つくねに合わせてちょっと醤油を入れたら程よく和風になりました。

ちなみに隣はオーガニックフレンチドレッシング。
オリーブオイル、りんご酢、ディジョンマスタード、にんにくなどが入っていて
およそ一般のフレンチドレッシングのイメージからはかけ離れた濃厚さ。
こちらもすごく深みのあるおいしさで、ゆで野菜にかけるだけで立派な一品として成立します。
ドレッシングというよりソースに近い感じかなぁ。

このケチャップとドレッシングをプレゼントしてくれた友人曰く、
「おしゃれなものよりこういうほうが喜ぶと思って」。

うーん、把握されている。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
勿論おしゃれなものも歓迎ですよ!!

04/10|お弁当コメント(212)トラックバック(0)TOP↑
8018_470491193021464_1495477855_n.jpg

すこし前の話になりますが、桜の花も開きつつあった三月の下旬、
中野のほうのとあるバーで一日店長のような役をやらせてもらう機会がありました。
おつまみも数品出していいよとのことだったので、おでんを作りました。

春っぽくしたかったので、はじめは「桜」をキーワードに料理を考えていたのですが
(桜の塩漬けとか桜海老とか)お酒メインのお店のおつまみとしてはあまりピンと来ず、
まだ寒い日も多かったのであたたかいものがいいな、と
タネに旬のものを使った「春のおでん」をお出しすることにしました。

メニュー選びにあたっては、愛読ブログのツジメシ。さん、好日弁当日記。さんの記事を
大いに参考にさせていただきました。ありがとうございました!

なるべくつゆは透きとおったきれいな色にしたかったのでだしを濃いめにとって、
みりん少しと酒、あとはほぼ塩で味付けしました。薄口醤油はほんのちょっと。

タネは筍、菜の花、鶏つくね、半熟玉子、大根、白滝、小玉ねぎまるごと
といったかんじ。(当日バタバタしてて全体像がとれませんでした…)
おつまみであんまりお腹いっぱいになってもね、ということで練り物や芋類はなし。

玉子は鶏つくねに絡めても良いようにとろとろの半熟で。
つくねには小町麩のくだいたのと小さいじゃがいものすりおろしをつなぎ代わりに入れました。
料理研究家の奥薗壽子さん流です。
(というか玉子を全部ゆでたあとにつなぎの分を残し忘れたことに気付きました)
薄味に作ったので、食べるときは柚子胡椒をたっぷりめに添えました。

それから冷たいプチトマトのおでんも作りました。
481897_469186029818647_342282916_n.jpg

温かいおでんと同じつゆにちょっとだけ塩を足したものを
湯むきしたトマトの上からひたひたにそそいで冷蔵庫で一日半くらい。
きゅっと身がしまっておいしくなった気がします。
食べるときにかつお節をぱらりとかけました。

試作段階ではスナップエンドウも一緒につけてみましたが、
どっちでもいいかな〜という感じだったので当日はトマトだけで。

あと当日限定のドリンクに桜の花びらの入ったロゼ、
梅酒とざくろシロップを使ったピンクのカクテル、
おでんの焼酎出汁割り+七味などをお出ししました。

===================================
メニュー
drink
・さくらロゼ(数量限定)
・大和撫子(梅酒ベースのピンク色のカクテル)
・おでんだし焼酎割り

food
・お通し(菜の花と焼きかぶのナムル)
・春のおでん
・プチトマトの冷たいおでん
・箸やすめ(大根の皮の醤油漬け)
===================================

だしつゆが全然足りないなど、いたらない所もものすごくいっぱいありましたが
とっても楽しかったです!!
おかげさまでド平日だったにもかかわらず、日付が変わるまでほぼ満席でございました。

【今日の反省】
・用意していたつゆが2リットル弱では全然足りず、急遽お店で作って足した。
・おつまみなので、薄味といってももう少し濃いめに作ってちょうど良いくらいだったかも。
・玉ねぎまるごとをお出しする際は食べやすいように切れ目を十文字で入れるべきだった

素敵な機会をありがとうございました!

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
おでんの出汁割りは赤羽の丸健水産のパクりです
04/09|晩ごはんコメント(232)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ユキコフスキー

Author:ユキコフスキー
'86年生まれの飲んだくれ。
食べ物に目がない割にスーパー不器用。実家を出たのをきっかけに「脱・食べる専門」をめざして料理をはじめ、数々の失敗を繰り返しています。

手ぬきで見ばえの良くないご飯ばかりですが、何かアドバイスをいただければ嬉しいです。
@222ka_yukikov

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
愛読ブログ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。