上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
nrtmrere.jpg

・ニラ玉
・雑穀ごはん+梅干し
・インスタントの味噌汁

今日の関東地方、あったかいですね~。春ですね、春来ましたね。
るんるんでパーカーとぺらぺらのジャケット着て出社したら「薄着だな」と驚かれました。
寒さが苦手すぎる反動で、あたたかくなるとへんに強気になります。

そんで朝、カーテンから差し込むやわらかな光に包まれて、幸せ気分で二度寝しました。

わあ急がなきゃ。
冷蔵庫を開けると少しくたびれたニラ、賞味期限ややオーバー気味の卵。
これはもうニラ玉しかない。

強火でしっかり熱したフライパンに油をひき、溶き卵2個分を流し入れます。
ささっと菜箸で混ぜたら半熟のうちにニラを一束投入。
包丁とまな板を使う時間はないので、束ごと両手でつかんで、布をしぼるときのようにして5cm幅にぶちぶちとひねりながらちぎり入れます。(手で切ったほうが香りが出るらしい。)
軽く炒めたら醤油をまわしかけて出来上がりです。

ニラ玉=スピード料理のイメージは愛読マンガ『クッキングパパ』から。

パパが職人気質の頑固なご老人、田島さんの家でニラを見つけて、それを使ってすごいスピードでニラとじ丼を作るという回がありました。

unnamed.jpg
『クッキングパパ』16巻より(C)うえやまとち(講談社 モーニングKC)

とろとろの卵とニラだけで出来た丼を「ガッポガッポ入るバイッ!」と田島さんがおいしそうにかっこむシーンを、小学生だったわたしはよだれを垂らしながら読んでいました。
それまで料理をしない主義だった田島さんがこの回で料理に目覚めて、老人会で本格的な料理を披露していくことになるんですよね。なつかし。

パパのレシピはニラを先に酒と炒めてから卵を溶き入れて醤油、という感じでした。
卵はとろとろの半熟に、とのことでしたがお弁当なのでしっかりめに火を通しました。
ちょっと元とは違いますが、思い出のメニューはテンションが上がりますね。手抜きだけど。

あと前から何度も書いてますが、
ニラの保存は冷凍が超おすすめです。

冷凍しておくとへたらないし、解凍いらず、いつでも使いたい分だけ使えます。
ニラの冷凍についての記事はこちら

【今日の反省】
・二度寝した


クッキングパパ(16)クッキングパパ(16)
(2013/05/24)
うえやまとち

商品詳細を見る


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
福岡行きたい
スポンサーサイト
03/18|お弁当コメント(55)トラックバック(0)TOP↑
20140309083953bf5.jpg

2月に引っ越しました。
実家→実家2→草加→下井草→高円寺ときて、人生五度目の引っ越し先は同じく高円寺。
とはいえエリアが違うのでまた雰囲気が違って楽しいです。

うっかり手続きを忘れていたせいで引っ越しから一週間はガスが使えず(前の下井草の家でも同じことやってた)、最近ようやくガスが通ったのでちょっとずつ自炊を再開しています。前の家は一軒家にルームシェアだったのでキッチンもそこそこ広かったのですが今回は普通の1Kなのでまたもせまいキッチンに逆戻り。引き出し式のラックを調理場として使っています。

休日の昼にだらだらとごはんを作って食べるのが好きです。
今日のブランチはじゃがいもとブロッコリーのチヂミ。
庄司いずみさんのブログに掲載されていた「じゃがいもとアスパラの一口チヂミ」を参考にしました。

じゃがいものすりおろしにゆでブロッコリーを軽くきざんだものと塩、片栗粉を混ぜて焼くだけ。じゃがいもがもちもちでおいしいです。
酢、醤油、みりんをあわせたものと生七味をつけて食べました。

具は定番のニラとかでもよかったんですが、前日のお弁当に入れたブロッコリーの卵炒めがハンパにあまっていたので使いました。味にも飽きたし。

2014030908430305c.jpg
前日のお弁当。ひたすらブロッコリー…

ブロッコリーだけ取り出して刻みました。
芯の歯ごたえがいい感じでわりと相性よかったです。
残った炒り卵は同じくあまりの人参のごま和えと合わせてチンして、人参しりしり風に。

20140309084004bab.jpg
見せるほどでもないけど全体像はこんな感じでした

さあ新居では何を作っていくのかなー。楽しみです。

しらす食べたらなんか黒目がちでお腹のドットが大きめのやつがいました。ちょっとかわいい。
20140309092849675.jpg


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
隣の人に居留守を使われ挨拶できてないのが切ないです
03/09|休日の昼ごはんコメント(67)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ユキコフスキー

Author:ユキコフスキー
'86年生まれの飲んだくれ。
食べ物に目がない割にスーパー不器用。実家を出たのをきっかけに「脱・食べる専門」をめざして料理をはじめ、数々の失敗を繰り返しています。

手ぬきで見ばえの良くないご飯ばかりですが、何かアドバイスをいただければ嬉しいです。
@222ka_yukikov

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
愛読ブログ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。