上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
こんにちは。

沖縄のお麩や熊本の油揚げなど、いつもとてもツボをついてくるお土産をくれる友人のあきちゃんが、今度は引越し祝いにすごいものをくれました。

これです。

banpeiyu.jpg


晩白柚(ばんぺいゆ)という柑橘類。

なにがどうすごいのか?というと…


どん。

maru2.jpg


とにかく大きい。

こんなでっかい柑橘があるなんて知りませんでした。
ずっしりと重いそれを、会うなり「はい!」と手渡された時はもうびっくりして笑ってしまいました。

正確にはあきちゃんのお父様が宮崎出張の時に選んでくださったそうです。
ご両親ともお会いしたことがあるのですが、どんなものをあげたら驚くか、とご家族で考えてくれたみたい。とても嬉しい、未知との遭遇!ありがとうございます。

ここでばんぺいゆのお勉強。

晩白柚 - Wikipedia
晩白柚(ばんぺいゆ)は、柑橘類のひとつで、ザボンの一品種である。名前は、晩(晩生)・白(果肉が白っぽい)・柚(中国語で丸い柑橘という意味)に由来する。


なるほど、ザボンなら聞いたことがある。
カンボジアに行った時に、雨季の間だけ増水した川の上で水上生活をする集落の人たちがいて、そこで船に乗って果物を売っていたベトナム人のおばちゃんが器用に皮をカットしていたのがたしかザボンでした。
日本には台湾から鹿児島に入ってきたのがはじめみたいです。そういえば『クッキングパパ』にも「ザボン漬け」が登場してました。納得。

受け取ったあとであきちゃんと新宿の思い出横丁で飲んでいたら、隣で飲んでたおじちゃんが
「それ晩白柚だろ、しばらく置いておいていい香りになったら食べごろだよ」
と教えてくれました。余談ですが、そこのマスターがおいしいデコポンを切って出してくれたりもして、なんだかその日は柑橘類に縁のある一日でした。

2.3週間おいておいたら、確かにどんどん香りが強くなっていって、
柑橘類のにおいが大好きなわたしは期待とテンションがどんどん高まっていきました。

なんだかもったいなくて切れなかったというのもあるのですが、そろそろ皮がぶよっとやわらかくなってきたのでようやく入刀しました。

それで色々つくってみたので、その様子はまた次に書きますね。
スポンサーサイト
04/26|世間ばなしコメント(165)トラックバック(0)TOP↑
IMG_1004.jpg

こんにちは。

こないだ、新居に友人を呼んで宅飲みをしました。
そういう時に結構な頻度で作っているのが、料理研究家の奥薗壽子さんの「ゆで豚」です。

塩をまぶしておいた豚のかたまり肉をゆでるだけなのですが、おいしい上に、色々とすごい。
これでもかというほど工夫が凝らされているのです。
このゆで豚を愛しすぎているので、どうすごいのかを勝手に解説します。

1.加熱がたったの5分
細切りの昆布をしいた土鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら軽く水洗いして塩をおとした豚肉を入れます(水はひたひたくらい)。再沸騰したら蓋をして弱火で5分加熱すれば終了。
あとはバスタオルで土鍋と鍋敷きごとつつんで30分以上放置して、ゆっくり保温調理します。
テーブルに置いておけば、せまいキッチンでコンロを占領しないのでとても助かります。
低温でじっくり火を通すことでしっとりやわらかく、おいしく仕上がるという仕組み。
薬味たっぷりのタレがおいしいです。

2.同時にもう一品できる
豚肉を入れる時に一緒に野菜を入れるだけで、もう一品できます。
奥薗さんは人参や大根をゆでて味噌だれで食べる方法を紹介されていますが、私はいつも皮をむいたじゃがいもを切らずに2.3個いれて、つぶしてマッシュポテトにしています。
ほどよく塩味がついているので味付けなしでばっちりおいしくなります。
1の工程にほとんど作業をプラスせずに2品できるとは。驚きです。
IMG_1005.jpg

3.スープでさらにもう一品!
残ったスープには豚と昆布のだしが溶け出しているのでこちらも無駄にせず使います。
スープを熱して少しナンプラーを入れ味を整え、ゆでたそうめんを入れれば、シメの一品に。
奥薗さんはチリパウダーとレモン汁、パクチーも入れてエスニック風にしてたかな。
このスープがもう、めちゃめちゃうまいです。シメのにゅうめんが楽しみでゆで豚を作っているといっても過言ではありません。
食べ過ぎ飲み過ぎの胃にやさしいので、翌日の朝ごはんにしても。

IMG_1019.jpg

メインをこれにして、あとは生野菜やナムルなどの前菜と、くいしんぼがいる場合は(自分だよ)煮物や炒め物を作ればわりと豪華になります。
宅飲みが好きな方に超絶おすすめです。

ゆで豚の作り方が載っている本はこちら。
決定版 奥薗壽子の超ラクうまおかず (主婦の友新実用BOOKS)決定版 奥薗壽子の超ラクうまおかず (主婦の友新実用BOOKS)
(2004/06/01)
奥薗 壽子

商品詳細を見る



にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
奥薗さんはブログも必見
04/06|晩ごはんコメント(132)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ユキコフスキー

Author:ユキコフスキー
'86年生まれの飲んだくれ。
食べ物に目がない割にスーパー不器用。実家を出たのをきっかけに「脱・食べる専門」をめざして料理をはじめ、数々の失敗を繰り返しています。

手ぬきで見ばえの良くないご飯ばかりですが、何かアドバイスをいただければ嬉しいです。
@222ka_yukikov

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
愛読ブログ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。