上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
れんこん

新年明けましたね〜。

さて、年末年始の暴飲暴食にそろそろ胃腸が悲鳴を上げはじめてきました。

我が家では料理上手の母が腕をふるい、おせちの残りを食べきる前からあらゆるメニューが次々と並び、また同時にビール、ワイン、日本酒数種が同時に食卓に出揃います。酒豪ぞろいのため痛飲こそしませんが、デフォルトがちゃんぽんという、まるで胃腸の休まる暇がない日々が三日三晩つづきました。

ローストビーフ、煮豚、煮卵、豚汁、ワンタンのくるみ味噌揚げ、蟹鍋、お漬物などを平らげているあいだにワインのボトルが三本、日本酒が二本空いていた。。亡くなった祖母もあきれてその様子を見ていたことでしょう。

しかしそんな夢のような日々は今日でおしまい、泣いても笑っても明日から仕事はじめということで、消化に良いものでなんとか調整して少しでも平常運転に戻したいところです。

そんな時にちょうど良いのがこの「蓮根のすり流し汁」。
蓮根と生姜をすりおろして沸かしたお湯に入れて薄味をつける、というシンプルきわまりない工程でとても胃に優しく美味しいスープになるので、飲み過ぎ食べ過ぎの翌日や調子の悪い日にとてもおすすめです。

『オリオリスープ』という綿貫芳子さんの漫画でレシピと素敵なストーリーが読めますよ〜。

沸騰したお湯に味つけをしてネギの青いところを入れたら、鍋に生姜と蓮根を鍋に直接すりおろし入れて、弱火で数分してとろみがついたら完成です。『オリオリスープ』にならってローストした蓮根を乗せました。
漫画では塩麹を入れていましたが、家になかったので白だしと少しの味噌で味つけをしました。
レシピによって味つけや具は色々のようです。

真っ白な見ためはさしずめポタージュですが、野菜を煮てからミキサーで撹拌したりする手間がない分とても簡単です。なのにとても滋味深い味わいになるのが不思議です。

蓮根は国立の「地球屋」という不思議なライブハウスでレゲエをやっている八百屋のお兄ちゃんが売っていた無農薬のものを使いました。美味しかったな〜。

というわけで、更新も気まぐれなふつつかなブログですが、2016年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
01/03|休日の昼ごはんコメント(30)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ユキコフスキー

Author:ユキコフスキー
'86年生まれの飲んだくれ。
食べ物に目がない割にスーパー不器用。実家を出たのをきっかけに「脱・食べる専門」をめざして料理をはじめ、数々の失敗を繰り返しています。

手ぬきで見ばえの良くないご飯ばかりですが、何かアドバイスをいただければ嬉しいです。
@222ka_yukikov

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
愛読ブログ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。