上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
salad.jpg

前回のブログで皮を砂糖漬けにした晩白柚。
なにしろ巨大なので、皮がかなり厚いとはいえ中の果肉も相当な量があります。

果肉をちょっと食べてみると、グレープフルーツのような風味ですが、甘さも酸味もごくごくひかえめでだいぶさっぱり。水分も少なめで少しパサッとしてるかなという印象でした(もらってから2、3週間冷蔵庫に放置してたからそのせいかも)。なのでそのまま食べるよりは何かにまぜたほうが美味しそうだと思い、サラダに入れてみたらめちゃめちゃ相性が良かったです。

+人参・レタス・黒胡椒・レモン汁・生姜ドレッシング
salad2.jpg

この組み合わせは鉄板でした。

お弁当にも持っていきました。

+人参・レタス・ルッコラ・生姜ドレッシング
bento2.jpg
(プチトマトがごはんの上でつぶれている…なんでサラダのほうに入れなかったんだ)

サラダに果物を入れるのはそこまで好きではなかったのですが、これは本当においしくてハマってしまい、他のフルーツを入れたりもしてみました。

+キャベツ・りんご・黒胡椒・生姜ドレッシング
salad3.jpg

果肉は日持ちもするので、2、3週間はこのサラダを食べ続けてた気がします。
不思議だったのが、冷蔵庫に置いておいたらはじめて食べた時よりもだんだん甘くなっていったことです。時間が経つにつれて糖度が増したんですかね。

飽きもせず毎回かけていたのはとある市販のドレッシングです。
市販のものはいつもあまってしまうので常備していなかったのですが、晩白柚サラダを作ったのがきっかけで、それに合うドレッシングを探していたところ、たまたま入った自然食品屋さんで今までで一番サラダがおいしく食べられると思うドレッシングに出会ってしまいまして。これを使いまくっていたら1ヶ月しないで無くなってしまいました。こんなこと今までなかったのでびっくりした…。

「グラッツェミーレ」という名前のもので、晩白柚サラダにかけていたのはこちらの生姜味。
青パパイヤが入っていてフルーティで柑橘の風味とよく合いました。

dr.jpg

あと超絶気に入ってるのが同じグラッツェミーレの「ごぼうとごまのドレッシング」。これ、豆腐にかけたらいくらでも食べられる…。ごぼうとごまの薫りと濃厚な舌ざわりがたまらんです。
新しく買った人参のドレッシングも美味しかったです。

回し者とかじゃないけどこれは超絶おすすめです。450円前後でまあ高すぎることはないかなというくらいの値段。私は近くのお店で買ってますがAmazonさんでも売ってるみたいだったのでご興味あれば。Oisixにも売ってるらしいですよ。割高みたいだけど。
グラッツェミーレ 野菜ドレッシング

おまけ:晩白柚の皮
omake.jpg

乾燥した皮はこんな風に細かくしてなんちゃってポプリのようにしました。しばらくはとても良い香りが楽しめました。消臭効果もあるらしいので靴に入れたりしても良いみたいです。お風呂に入れたかったけどせまいユニットバスなので断念。

こんな感じで前回からだいぶ長くなりましたが余すところなく晩白柚を使えたので満足です!

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
少し前にTwitterはじめました。@222ka_yukikov ブログよりは更新頻度高いです
05/08|休日の昼ごはんコメント(80)トラックバック(0)TOP↑
20140309083953bf5.jpg

2月に引っ越しました。
実家→実家2→草加→下井草→高円寺ときて、人生五度目の引っ越し先は同じく高円寺。
とはいえエリアが違うのでまた雰囲気が違って楽しいです。

うっかり手続きを忘れていたせいで引っ越しから一週間はガスが使えず(前の下井草の家でも同じことやってた)、最近ようやくガスが通ったのでちょっとずつ自炊を再開しています。前の家は一軒家にルームシェアだったのでキッチンもそこそこ広かったのですが今回は普通の1Kなのでまたもせまいキッチンに逆戻り。引き出し式のラックを調理場として使っています。

休日の昼にだらだらとごはんを作って食べるのが好きです。
今日のブランチはじゃがいもとブロッコリーのチヂミ。
庄司いずみさんのブログに掲載されていた「じゃがいもとアスパラの一口チヂミ」を参考にしました。

じゃがいものすりおろしにゆでブロッコリーを軽くきざんだものと塩、片栗粉を混ぜて焼くだけ。じゃがいもがもちもちでおいしいです。
酢、醤油、みりんをあわせたものと生七味をつけて食べました。

具は定番のニラとかでもよかったんですが、前日のお弁当に入れたブロッコリーの卵炒めがハンパにあまっていたので使いました。味にも飽きたし。

2014030908430305c.jpg
前日のお弁当。ひたすらブロッコリー…

ブロッコリーだけ取り出して刻みました。
芯の歯ごたえがいい感じでわりと相性よかったです。
残った炒り卵は同じくあまりの人参のごま和えと合わせてチンして、人参しりしり風に。

20140309084004bab.jpg
見せるほどでもないけど全体像はこんな感じでした

さあ新居では何を作っていくのかなー。楽しみです。

しらす食べたらなんか黒目がちでお腹のドットが大きめのやつがいました。ちょっとかわいい。
20140309092849675.jpg


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
隣の人に居留守を使われ挨拶できてないのが切ないです
03/09|休日の昼ごはんコメント(67)トラックバック(0)TOP↑
201312081603008a7.jpg

寒すぎて寒すぎてベッドから全然出る気になれない。
やらなければいけない沢山のことを全部投げ出してうずくまっているうちに越冬しそう。

そうして冬が終わりを告げたそのとき、もれなく人としても終わりを迎えているわけで、そんな人間にも春は訪れるんだろうか…などと考えていたら、身体に重くのしかかった布団が突如として幸福から絶望の象徴のように感じられ、おそろしくなったところでようやく重い腰をあげた日曜の昼でした。

何もしたくない鬱々とした気分は、とりあえず何かしらの料理をすることで意外と解消することがあります。

通常の三割ほどしかはたらいていない頭で冷蔵庫を開けると、ごぼう、にんじん、里芋、小松菜、きのこ、揚げ。冷凍庫には豚肩ロースの薄切りが。
冬眠をまぬがれるにはとにかくあったまらなければいけない。というわけで体をあたためる根菜をあますところなく使いたい。でも何種類もおかずをつくる気力はない。となると豚汁でしょう。豚汁以外はありえないでしょう。
そんな感じで一人脳内会議を進めていきながら、豚汁づくりにかかります。

【作り方】
鍋にたっぷりの水と茅乃舎だし2パックを入れ、きのこのうまみを出すためにしめじとエリンギも一緒に放り込んで火をつける。豚肉をレンジで解凍する。無心でごぼうと里芋の泥を落とし(アルミホイル大活躍)、里芋の皮をむき、その他の野菜も切る、ひたすら切る。切ったら固い野菜からどんどん鍋に放り込む。

豚汁づくりにおいて、これだけははずせないポイントが。

それは味噌を二回に分けて入れることです。
ぐつぐつ煮立たせてしまうと香りがとぶので、味噌汁の味噌は普通最後に入れるものですが、具沢山の豚汁の場合は野菜を煮る段階で少し味噌を入れて下味を先につけておくことで、それぞれにちゃんと味が染み込んでおいしくなるそうです。インターネットが教えてくれました。

少しの味噌を入れた状態で弱火でコトコトやって、そろそろ具が柔らかくなったかなというところで解凍した豚肉をキッチンばさみでチョキチョキ切りながら入れて(これだとまな板を汚さなくて楽)、アクを取って、揚げも入れて、今度はしっかりめに味噌を溶き入れて全体の味をつけたら、小松菜1/2束をわさっと入れて軽く煮て出来上がりです。

(補足)
揚げは熊本の南関揚げ。ふんわり柔らかくて味も染みやすいので、崩れないように大きめに切って後半に入れました(油抜きしなくていいのが超楽)。
普通の揚げだったら野菜を煮る段階で入れていいと思います。

外に出る気力すらないのであれば、自分のおまんまは自分で用意するほかなく、そうでなければ飢えていく一方です。
そんな本能的な感覚が一人暮らしのダメ人間を救済するのかもしれません。
そういう意味ではもしかして何も料理めいたことをしなくとも、お湯を沸かしてカップラーメンを作るのでも、おんなじような効果があるのかもしれませんね。

無気力にやられそうになった時はひとまず起き上がってメシを作る、それが意外と大事なのかなぁと思った日曜日でした。

【今日の反省】
・具材を先に炒めるのをサボった
・里芋の下ゆでをサボった

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
ネギがなかったので緑パートに小松菜を採用しました
12/08|休日の昼ごはんコメント(177)トラックバック(0)TOP↑
20131124194717130.jpg

寒いですね。

寒さにとてつもなく弱いので、冬はいつにもまして動きが鈍く、腰が重くなります。
体をあたためるという根菜で料理を作ろうと思い立つも、気付くともう一週間も経っているという体たらく。冬眠して春に備えたほうが効率的なのではないかと、なかば本気で考え始めています。

というわけでようやく煮ました、かぶと揚げ。
揚げは熊本のお土産でもらった「南関あげ」というのを使ってみました。

これです。写真だとわかりづらいけど、でかいです。22cm×22cm。
15687274.jpg

普通の揚げと違って乾物のようにぱりっとしていて、とても軽いです。
長期の保存が可能なように、極力水分を抜いて揚げているということ。なるほどー。
切るときに力の加減をまちがえると粉々に割れてしまうので注意が必要です。

この南関あげ、煮るとふんわりやわらかく、煮汁を吸ってとてもジューシーになります。
何しろ食感が軽いので、いくらでも食べてしまいそう。おいしいです。

それにしてもかぶというやつは、「まだ自分全然かたいっす」みたいな顔してると思って煮続けてるといきなりぼろっと煮くずれたりするので油断ならないですね。

【今日の反省】
・南関あげがやわらかすぎて煮ている途中で少し崩れてしまった。
 わりと大きめに切ったほうがよさそう。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
「蕪」って漢字、かぶっぽい形で好き
11/24|休日の昼ごはんコメント(498)トラックバック(0)TOP↑
om2.jpg

実家にかえったときにも焼きました、スパニッシュオムレツ。
深いフライパンで作るとぶあついのができるからうれしい。
買っちゃおうかな…。

omcut.jpg
今日はクリームチーズをいれてみました。

でもやっぱりMさんのお宅でごちそうになったやつの味には遠い気がするなぁ。

まだまだブームはつづく。

【今日の反省】
ちょっと表面をきつね色にさせすぎた

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
卵6個もつかってます。
07/21|休日の昼ごはんコメント(189)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ユキコフスキー

Author:ユキコフスキー
'86年生まれの飲んだくれ。
食べ物に目がない割にスーパー不器用。実家を出たのをきっかけに「脱・食べる専門」をめざして料理をはじめ、数々の失敗を繰り返しています。

手ぬきで見ばえの良くないご飯ばかりですが、何かアドバイスをいただければ嬉しいです。
@222ka_yukikov

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
愛読ブログ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。